スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

tour geeks 2015 w/ストレイテナー 

201506071.jpg


お久しぶりです!

・・・が、最近のブログの出だしになっていてすみません(´Д⊂)
更新頻度が著しく下がったラルクファンブログです。

6/7にgeek sleep sheepの対バンliveに行ってきました。

朝から別の場所に出かけた後に行ったのですが、写真の羊はその別の場所で撮ったものです。
決して牧場とか動物園に行ったわけではないのに、羊さんに遭遇するという無駄なツキ具合。

久しぶりに観たgssのliveはとても良かったです。
どうしようか悩んで、CD先行では申し込んでなかった8月ワンマンに行こうと決めたくらいですもん。

やっぱり新しいアルバムが出て、曲が増えたってことは大きい!
geek sleep sheepの守備範囲の広さがどんどん如実になっていってる感じがしています。
こんなテイストもあるよっていうのを色々差し出されてるような・・・まさに色とりどり、味もいろいろcandyな世界。


続きに簡単な感想を。

6/7 geek sleep sheep tour geeks 2015 w/ストレイテナー

目の前にストレイテナーファンのカップルが何組かいるという状況でliveを観ていたんですが(笑)
周りだけじゃなく結構ストレイテナーのファンがいたかと思います。
ただ、テナーもgssも好き!みたいな方は少なかったのかも・・・?

かくいう私もイベントで2回観ただけなのですが、その2回より確実に印象は良くなってます。

「The World Record 」で、道場破りのごとくザックリ斬りこんできて、
「羊の群れは丘を登る 」で味方を増やす策士バンドです、彼らは。
羊にちなんでの選曲がとても嬉しかったです。
ホリエさん、geek sleep sheepのことをgeek sheep sleepって間違ったけど。

テナーの90's UKカバーはSpiritualizedの「Electricity」。
カバーしてるという感じがしないほど馴染んでると思ったら、CDにも収録されていたり、もともと何度か演奏してた曲のようでした。
そして百々さんが乱入しての「KILLER TUNE」があり。
ギター鳴らして、かっこよく歌って去って行った百々さんのことを、「和製ジョニー・デップ」と評してましたww
ジョニデもギター弾くとはいえ、その発想は無かったですww

Dr.のナカヤマシンペイ氏が、
「対バンで、自分たちの出番が先だと、いつも対バン相手にLIVE前に挨拶しに行くんですよ。
今回もLIVE前に、yukihiroさんに挨拶しようと思って、扉の前に立ったんですけど。
(ノックしようとしてできない動き)
扉の向こうから、パッド叩く音がずっと聴こえてて(笑)
結局挨拶できなかったんで、終わった後、『良かったです!』っていうのをきっかけに話そうと思ってます!」
と言ってたのがとても微笑ましかったです。
yukihiro氏のドラムが良かったってのは前提なんですね、と。

「今度新曲を出すんですけど・・・今日はやらないです。今のところ最新の曲を。」
と、「The Place Has No Name」も演奏され、ラストは「Melodic Storm」。
そういえば、ナカヤマシンペイ氏が椅子に立ったりガンガン目立っている姿に、羊さんファン(yukihiroさんファン)が衝撃を受けてるっぽかったですwww

最後、メンバーが前に並んで肩くんでから去って行きました。


geek sleep sheepのターン。

とりあえずセトリを。

1.feedback
2.planet ghost
3.lost song
4.Candy, I love you
5.Addicted
6.Wide Open Space (Mansunカバー)
7.Horror Head (Curveカバー)
8.night cruising
9.Strange Circus
10.kaleidoscope
11.kakurenbo
EN
12.MOTORCYCLE
13.hitsuji

マンサンのカバーの時は、ホリエさんが参加。
ホリエサンが一緒に歌うってなってマンサンを選んだのは、なるほどーというより、意外な感じも。
gss的には「geek sleep sheepが集まって初めてカバーした曲」ということで、そんなに意外性はなかったけれど、
ストレイテナーの曲調から言うとマンサン的なもわっとしたのは意外というか。
実際、ホリエさんの歌うマンサンは爽やかでした。
そして、バックの345ちゃんと百々さんの♪ラーララララーが豪華(笑)

羊さんのターン自体は「feedback」でスタートだったんですが、
テナーの「The World Record」を迎え撃つようなパンチがあって最高でした。
アルバム『candy』の曲はドラムの手数が増えてて、コレコレー!って滾りますよね(´_ゝ`)

「lost song」なんかは、ちょっと今回の対バンテーマ90's UK臭がして好きです。
音自体は一番自分にしっくりくるかも。

「Candy,candy,candy,I love you!」と百々さんが叫んで演奏された「Candy, I love you」は百々さん節全開でかっこよかったです。
ロックスター百々さんが、していたサングラスを外したのはこの辺だった気が。

「kakurenbo」ではバックにスクリーンが下りて、青空や森の映像が映し出されて世界観が広がりました。
345ちゃんの癒しボイスも良かった(*´Д`)


恒例のジャパネット345のコーナーもありました。

グッズが結構売り切れていたような気もするんですが、色々薦めてました。
バッジセットを手にした345ちゃん。
「これ・・・何て言うんですかね・・・(客席「バッジ!」)そう、バッジセット。
バッジの色がツアーの場所によって違うんですが、東京は黒です。
私は黒が好きです。」←商売上手
百々さん「黒かっこいいよね。ぼくも黒好きです。yukihiroさんは青ですよね?」
yukihiroさん(微笑みながら右手を挙手)

フィギアマグネットはマイクスタンドにくっつけたりして宣伝。
「フィギアにマグネットを付けるっていう提案をしたのはyukihiroさんです。」
という言葉に、マグネット機能がメインだと思っていたのでびっくりしました・・・あれ、フィギアメインだったのか。

タオルとかも薦めた後の「ぜひ。ぜひぜひぜひ!」という345ちゃんの言葉には、テナーファンの方もときめいていたっぽい(笑)

百々さん「もういいんですか?」
345ちゃん「え・・・・?」
百々さん「ツアー最後ですが、思い残すことは無いですか?」
345ちゃん「無いです!(キッパリ)」


あと、yukihiroさんはあんまり変わって・・・なくも無かったですね。
髪が胸元くらいまで伸びてサラサラなびかせてて。
「hitsuji」の時にyukihiroさんの背中の方から放射状に光が出る演出があって、リアルゴッドな感じに見えたり。
相変わらず細いことは細いけれど、腕が筋肉隆々で、でもワンピース丈のTシャツ着てっていう
何なのですか視覚的に混乱させたいのですか、なyukihiroさんでした(´_ゝ`)

「hitsuji」のドラムがめちゃくちゃ力強くてかっこよかった。
これこれーっていう胸熱なドラム!


そんな感じで、いいliveだったので、また行きたいなと。


ただ一つ、今回のツアーで悔いが残ったことと言えば・・・
私もPeople In The BoxのTHE POLICEカバー聴きたかった!!
「Message In A Bottle」叩くのとか山口氏似合いそう。
超高速でしなやかに叩きそう。
あー前あったgssのカバー曲リクエストの企画にTHE POLICEの「King Of Pain」をリクエストするくらいだったのになー。
alcoveとかに呼んでもらって再度演奏してもらえないでしょうか(笑)

Posted on 2015/06/08 Mon. 21:22 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« 安心してください、ドエルですよ(´_ゝ`)※夢洲には行ってません※  |  ソロ活動 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuki1024hiro.blog43.fc2.com/tb.php/904-8572e0dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。